2017
11/29

「絵で見るかまどとストーブの話」


ロケットストーブ普及協会自費出版第2弾
適正技術入門書 『絵で見るかまどとストーブの話』のご紹介です。

この本は2014年12月に韓国の転換技術協同組合から出版されていた本を翻訳させていただきました。

2013年韓国での「私はすとーぶだ!」に参加した時にところどころに展示してあったイラスト、とてもすてきな絵だな〜って眺めていました。
そのイラストレーターが イ・ ジェグワンさんです。
ジェグワンさんが、まとめた手作りストーブについての基本的なことがとてもわかりやすいイラストで紹介された本です。

手作りストーブのバイブル?

※出版するにたいしてたくさんの配慮いただいた韓国の友人たちに感謝です。


1.png 2_2017112917420088a.png
4_201711291742027bf.png 5_20171129174204581.png 6_20171129174205c29.png 7_2017112917420799a.png

もう1冊の本
2015年開催の「第3回私はストーブだ!inひろしま」後援会内容をすべて文字起こしした『講演録』です。

毎回ゲストのお話はとても興味深くとてもいいお話なんですが、第1回目はdvdにしましたが、第3回は講演録という形で本にしました。

なかなか聞くことのできないお話なので、ぜひ多くの人に伝えたいということで本にしました。


世界中にストーブ事情に大きな影響を与えたマニュアル本『ロケット・マス・ヒーター』(ロケットストーブ)のイアント・エバンスさんとの共同著者であり編集出版者のレスレージャクソンさんのお話。

も一人は韓国でのストーブムーブメントに火をつけ、韓国での「私はストーブだ!」の発起人キム・ソンウォンさんのお話です。

どちらも公演では使われなかった写真も追加掲載しています。
読み応えある本です。
講演録1 講演録2

講演録6 講演録7 講演録8

講演録9 講演録11 講演録10



本の購入方法

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1冊1200円+送料164円(1冊から6冊まで同じ送料です)
10冊以上だと1冊1000円+送料(6冊単位で164円です。7冊から12冊だと328円になります)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


郵便局からの振込は
郵便振替口座
口座番号01350−4−87337
講座名:日本ロケットストーブ普及協会

他の金融機関からの振込の場合は
一三九(イチサンキユウ)店(139)当座 0087337

※振替用紙に送り先の郵便番号/住所/氏名/電話番号/書名/希望冊数/を
楷書で明記してください。判読不明の場合、お届け出来ない事があります。

※ネットからの振込の場合でも必ず送り先の郵便番号/住所/氏名/電話番号
 書名/希望冊数/がわかるようにお願いします。

ご記入いただいた振込用紙が事務局に届いた後に発送します。
少々お時間をいただきますがご了承ください。
ご不明な場合は rocketstove7@gmail.com までご一報ください。


どうぞよろしくお願いします。


※好評だったマニュアル本「ロケットストーブ」ですが、今でも少しづつお問い合わせをいただいていますが、現在絶版中です。

アメリカの本「ROCKET STOVE」は2回にわたり改定されタイトルも「ROCKET MASS HEATER」にタイトルが変わっています。内容についても一部改定されています。

日本の「ROKET STOVE」も来年中には新しく改定したいと思っていますのでよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

2013
05/07

ビオシティーという雑誌の特集が『韓流エコアクション』ということで今韓国で起こっている面白い取り組みについて特集が組まれている。
ロケットストーブの縁でつながったキムソンウォン氏の「地域エネルギーと適正技術の可能性」という記事を興味深く読ませていただいた。
まさに自分が考えていたことをまとめたような文でした。
適正技術という第三世界といわれているような国の支援のありかたについて使われることが多かった言葉ですが、実は物質文明にどっぷり浸かっている自分たちの国においてもとても大事な視点ではないかと、そして彼らは様々な生活の場面において実践しているそんなことが書かれている。

54_l.jpg
http://www.bookend.co.jp/biocity/index.html

008 巻頭言|糸長浩司

010 韓国の自然建築とエコアクション|カイル・ホルツヒューター
018 サンノウル・エコビレッジ|ファン・パラム
026 未来の伝統をつくる潭陽昌平スローシティ|イ・イナン
034 伝統民家の暮らし ソウル北村のエコハウス|パク・チャンピル(法政大学デザイン工学部環境研究室)
042 地域エネルギーと適正技術の可能性|キム・ソンウォン
050 錦江自然美術ビエンナーレ
056 ソンミサン・マウルの教育とまちづくり|パク・ポクソン
065 自然の知恵に学ぶエコヒーリング・スクール|ヤン・ソンウク
074 持続可能な社会をめざす代替エネルギー技術研究所|カン・シンホ
プロフィール

日本ロケットストーブ普及協会

Author:日本ロケットストーブ普及協会
FC2ブログへようこそ!

マニュアル購入方法
マニュアル本購入方法

フリーエリア
http://blog-imgs-50.fc2.com/r/o/c/rocketstove7/201204131729343ea.png

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR